薄毛は遺伝する?受け継がれるのはハゲる可能性

薄毛は遺伝する?受け継がれるのはハゲる可能性

 

 

薄毛は遺伝するものなのでしょうか?

 

 

結論から言うと、薄毛になりやすい遺伝子が存在することは判明していて、病院や専門機関で検査することで、その遺伝子を受け継いでいるかどうかを調べることが可能です。

 

 

薄毛になりやすい遺伝子は、その80%が母方の家系から受け継がれるものだとされています。

 

 

しかし、遺伝子を持っていたとしても、必ず薄毛になるわけではありません。

 

 

あくまでも“薄毛になりやすい体質”というだけで、薄毛そのものが遺伝するものではないのです。

 

 

「父親がハゲだから自分もヤバイ」「隔世遺伝するらしいから、じいちゃんが髪が薄いと自分もハゲるかも」

 

 

というように、家族や親戚に薄毛体質の人がいたとしても、後天的なケアや生活習慣の改善、専門クリニックでの早期治療などで薄毛になることを回避することもできるのです。

 

 

逆に遺伝子がなくても、乱れた生活や夜更かし、ストレスなどが原因となって薄毛になってしまう人も多いのです。

 

薄毛はストレスで進行するっていうけど、ナゼ?

 

睡眠不足や夜ふかしが髪の成長を妨げる理由

 

 

 

AGAは遺伝型の脱毛症

 

薄毛男性の多くはAGA(男性型脱毛症)だと言われますが、このAGAは遺伝子の影響を受けてなりやすいとされています。

 

 

AGAは、テストステロンというホルモンが5αリダクターゼという変換酵素によりジヒドロテストステロンに変わることで起こるもの。

 

 

テストステロンの分泌量に個人差は少ないのですが、5αリダクターゼの分泌量の多い少ないに遺伝が関わってくるのです。

 

 

ですから、家族親類に男性型脱毛症を患った人がいる場合は、同じ症状になる可能性があると言えます。

 

 

そんな薄毛の傾向があらわれたときには、早めの対策が必要です。

 

 

人気の関連記事

 

ボストンの効果・口コミ 国産育毛サプリが選ばれている理由は?

 

 

GUNGUN(ぐんぐん)の効果・口コミ 高評価な育毛サプリの秘密とは?

 

 

チャップアップサプリの効果・口コミ 身体の内側から育毛促進!

 

 

女性用の発毛・薄毛対策サプリの選び方&おすすめランキング